FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦いに臨む者、支える者、そして送り出す者


今回のハイキュー!!はすごい破壊力でした。一番はやはりあの方ですけど。でも今回いろんなキャラにスポットが当たって全ページの全コマがもう全部愛おしかったです。







第36話 飛行準備


まずは扉絵。
いやはや、ここでもう心臓打ち抜かれました。
カラーでまさかの潔子さん単独。しかも絶対不可侵領域だと思っていたへそチラのサービスとか。いや、ほんとに「チラ」でしたけど、だがそこがいい!!
きっと見えてることに潔子さんは気づいてないんだろうな、と思うと一層ドキドキします。
のっけから変態チックな感想ですみません。

扉絵でドキドキしてしまったので深呼吸してページをめくったらば。
ええええ!!!なんか可愛い女の子出てきた、誰?新キャラ?
彼女は道宮詰さん、女子バレー部の主将だそうです。
ショートカットで元気そうで四ツ谷の真ちゃんを成長させた感じ。そういえば真ちゃんもバレー部だったな。
烏野は共学なのに女バレ部はないのかなーと以前から思っていたのですが体育館別だったんですね。半分に仕切るなら男女バレー部でもいいようなもんですが、ひょっとしたら第2体育館にはバスケのゴールが設置されてないのかもしれませんね。

どうやら女バレ部はあまり実績がないし、部員のやる気もイマイチらしく「きっと一回戦負け」と弱気発言をしてしまう道宮さんを諌める男子バレー部主将の大地さん。
道宮さんは同じ中学で、その頃からお互いキャプテンだったとか。その時に「勝つ自信がない、無理だ、と内心思っても主将だけはそれを言ったら駄目だ」と大地さんは言ったそうで、いやー、カッコいいね。キャプテンが揺らいだらメンバーみんな動揺するもんね、大地さんは中学時代から本当に真のキャプテンなんだなあ。

で、思わず出てしまった弱気発言を反省する道宮さんに
「主将同士だし俺には何言っても聞かなかったことにしてやるよ」
・・・って、なのなのこれ。
え、これってつまり
「俺にだけは弱音吐いてもいいんだぜ、誰にも内緒にしてやるから」って意味ですよね!
もう・・・もう大地さんってば男前すぎる!!

そら道宮さん顔赤らめてうろたえて腹パンかませるわ。反則だわ、もうカッコ良すぎるだろ。
最後に気合をいれて自分の両頬をぶっ叩く道宮さん。力入り過ぎて頬腫れてます。
でも、「もう大丈夫ありがとう」って微笑んだときの頬が赤いのはそのせいじゃないよね、きっと。
いや、むしろ頬が赤くなったのを隠すために自分でビンタしたのか。ああ、もう道宮さん可愛い!!
うーん、中学のときのことしっかり覚えていることからしても、その当時から道宮さんは大地さんのことがずっと好きなんだろうなあ。そうだよね、こんな男前に惚れないわけないもん。たぶん、報われてないだろうし、これからもそうなんだろうけど。うう、切ない。

そしてここから一気に他のメンバーのターン。
まずは思い切りヨーグルトのボタンを2つ押しする影山くん、すげー怖い顔で自販機睨んでて引かれてますが、別に自販機に恨みがあるわけでなく、及川さん金田一くんとの再戦に思いをはせていたのでした。
気合い入ると目つきも悪くなるのはなんとかならないのかと思わないでもないですが、まあそこが影山くんらしいところですね。

あとは真顔で「彼女ほしい」とかおバカ発言する田中さんとか、その田中さんにレギュラー奪取宣言する気合充分の縁下さんとか(すごいカッコ良かったです)西谷さんが迎えにきたことを「犬の躾」とかクラスメイトに言われてしまってもそんなことは一切気にせず、堂々エース宣言する旭さんとか。
みんな、みんなカッコよくて頼もしくてついでにちょっと可愛くて胸が熱くなりました。

そして、コーチ業に本気で取り組みはじめた烏養さん。それぞれの選手の特性を踏まえ、ベストの作戦を考え、それを選手たちに伝え練習で試す。
今まで指導者不在で実質キャプテンの大地さんがプレーをやりながら作戦も考えて、と、孤軍奮闘してたのだろうと思うと彼の加入だけでも烏野は何倍もパワーアップしていると思います。

勿論コーチはボランティアで普段はちゃんと仕事をしてるという描写もあって。このあたりきちんと社会人してるのもいい。
バレーにかまけて店放り出すとかだったらただのバレーバカだし、そういうの子供はいいけど大人はやっちゃダメだよね。
その烏養さんの「選手は目の前の一戦に集中してもらう、でも指導者はその先まで考えなくては」という考えに感服しました。うん、ほんとにこの人には指導者の才能がある。名監督の血を引いているというのもあるのかもしれません。武田先生はちょっと頼りないけど人を見る目があるよね。

そしてその烏養さんの指導のもと、正規の練習時間が終わっても居残りで自主練習しているのは日向くんと菅原さん。日向くん、頑張ってサインもちゃんと覚えたようで菅原さんのトスからきれいに速攻を決めてみせます。
お互い「スゴイスゴイ」と褒め合う菅日コンビに和みます。菅原さんって優しそうにみえて結構辛辣だったりするんですけど、(主に田中さんに)ほんと日向にだけはいつも優しいよね。

と、それを見て反対側で旭さんと練習していた影山くんが対抗心をむき出しに。
コーチの烏養さんも菅原さん本人も「実力は影山のほうが上」って認めているのに、影山くんはきっとそう思っていないんだろうな。
青城戦で自分がセッターだったのは相手の要求だし、音駒戦で自分が選ばれたのは日向とのコンビプレーが評価されたからであって100%実力じゃないかもしれないとか思ってるんじゃないかと。
でもね、影山くん、その押しの強さは旭さんには逆効果だから・・・。君が学ぶのはむしろ技術じゃなくてメンタル面だから。
まあこのへんは一朝一夕にはいきませんよね、入学当時からすれば見違えるほど進化してるし、あれでも・・・。
いずれにしろ、レギュラー死守するために一層努力するのはとても影山くんらしくって気持ちいいです。「俺負けません!」って菅原さんに宣戦布告したことだしね。

そして、彼らが練習している間に山口くんは嶋田さんのもとを訪れジャンプフローターサーブに取り組む決意をしている、と。
初めて山口くんが自分から行動したことに感動です。
やっぱり4人の1年生のうち3人がレギュラーなのに自分だけが出られないのは辛いよね。
でも彼は影山くんのような天才じゃないし、日向くんみたいに人間離れした運動能力も月島くんほどの身長もない。だから何か彼にしかできないものを身につけないとね。
縁下さんにしろ山口くんにしろ、こういう地味なキャラもちゃんと大切に扱っているのがハイキュー!!の魅力のひとつですよね。

それぞれの思いを胸に時は過ぎ、予選前日。
練習を終えて解散しようとしていると、清水マネージャーから何かあるとのこと。
彼女が内緒で用意していたのは「飛べ」とひとこと書かれた横断幕。
掃除中に見つけて埃をかぶっていたのをきれいにしたのだとか。
ああなんて健気なんだ潔子さん!!
それまでも地味に堅実に仕事をしている描写はありましたけど、本当にチームのことを大切に思っているんだな、というのが伝わってきました。
そして、彼女としては精一杯の勇気を振り絞って「がんばれ」と。
この顔が!!
頬染めて、言い難いものだからちょっと口歪めて、でも唇がツヤツヤで。
いやいやいや、もう殺人的に可愛かった。
今まで潔子さんといえば「美しい」でしたがこんな「可愛い」潔子さんが見られるとは、古舘先生ありがとうございます!
もちろんこれでメンバーの士気もマックス、感涙にむせぶ2,3年生が可愛くて可笑しいですが、それだけ激レアだったんですね、今回の潔子さんは。


そして一夜が明け。
インハイ予選当日。
最終ページで気合の入った横顔を見せてくれた主人公ズがかっこいい。
頑張れ、頂点目指して。




今回はプレーシーンはほとんどなかったんですが、そのぶんキャラの掘り下げがなされた回でした。
とくに控え選手であったり、コーチやマネージャーなど、実際にプレーする側でない人たちにもスポットがあたったのが良かった。
選手たちばかりでなく、彼らも含めて全員が「チーム烏野」ですものね。
みんな、みんな頑張ってほしいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 美柑

Author: 美柑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング
押してくださるとうれしいです
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

はなたろおのブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。