FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ45号 ひとこと感想

表紙、巻頭は「NARUTO」
少年ナルトと現在のナルトです。やっぱりNARUTOは華がある。さすが看板作品ですね。


では以下ネタバレ感想です。
今回ちょっと辛口かもですが、作品への愛ゆえですのでご容赦ください。









「NARUTO」
過去と現在の見開き扉絵。岸本先生お忙しいのに頑張るなあ。
そして本編。
いきなりとんでもないことになりました。
カカシ先生が万華鏡写輪眼使えるようになったのはこれがきっかけだったりします?
何があったのか、どうしてこうなってしまったのか。

「ニセコイ」
なんでいつもいつも小野寺さんだけこんな目に合うんですか?
すごく可愛くていい子で楽のこと大好きなのに、いくらなんでも可哀想すぎる。
まさか楽が千棘ちゃんのこと本格的に好きになるまで引き伸ばしてるわけじゃないよね。
うん、千棘ちゃんのことは可愛いし大好きですよ、でもそれにしてもなあ。

「暗殺教室」
理事長と学校の姑息な妨害工作により殺せんせーの計画は失敗。
でも渚くんの下に80人もいるのならその子たちはE組落ちにはならないの?しかもちゃんと試験範囲を知っていて理事長の授業も受けているのに渚くん以下なんでしょ。
どうも現在E組に行かせられている生徒たちは成績が問題じゃないような気がしてきた。
しかし、カルマくんはほんとにカッコイイ。
そして彼の意図をすぐに理解して、落ち込んでた殺せんせーを殺る、じゃなかったヤル気にさせるE組のみんなもすごくカッコイイです。
頑張れE組と3人の先生たち。

「斉木楠雄のΨ難」
おお、夢原さん再登場。前回のラストでイケメンくんとくっついて退場かと思いきや、まだ斉木くんに未練がある様子。
それもそのはず、彼氏のタケルくんは「ちょっとイケメン」であること以外すべて残念な男でした。これなら海藤くんのほうがずっといいです、中2病であることを除けばイケメンでいい奴ですから。
斉木くんの必死のサポートも及ばずこの恋はジ・エンドに。
これで夢原さんと照橋さんで斉木くんを巡って女同士の大バトルになったりしないかな。
斉木くんにとっては大Ψ難でしょうけど。

「めだかボックス」
うーん、漫画の中にアニメの宣伝をたっぷり盛り込むとか、ちょっとあざといんじゃないのかなあ。

「黒子のバスケ」
黄瀬さんの能力を警戒して開始から全力で飛ばしまくる作戦をとった誠凛。
黒子くんのバニシングドライブにファントムシュート、いきなり超カッコイイ。
よし、この調子で引き離す!と思ったらなんと。
黄瀬さんどこからシュート決めてんの?!いきなりパーフェクトコピー発動とか。
5分しか保たないんじゃなかったんかい?!
え、さらに持久力まで身につけたってことですか?
どうなるの、この試合。誠凛勝てるの?

「クロス・マネジ」
1話、2話はかなり好きだったんですけど、3話からちょっと「うーん・・・」という感じに。
1、2話ではみそらちゃんのラクロスへの思いとか櫻井くんの行き場を失った情熱の行方とか今後を期待させる展開だったんですけど、部員が足りないのに練習試合組むとか、そもそもそれに気づいてないとか、前日になんとか12人になったとはいえ、昨日入部したばかりの子をいきなり試合に出させるとかありえなさすぎて共感できません。
そして相手は超強豪校とか。
1点も取れないのは当然として、そもそも相手になってくれるほうが不思議だし。
女子部の男子マネをからかう周りの反応もいい感じはしませんでした。
と、文句ばかりになってしまいましたが、まだ始まったばかりですし今後の展開に期待します。

「SKET DANCE」
やっぱりスケットはこういうのがいいなあ。
生徒会長全員集合とか、シャルダンに意図せず濁点打ってそれが結果オーライになるダンテとか、のちのゲスリング部の4人に引いてる後ろの子とか、乙女なヒメコちゃんとか。
クスクス、ニヤニヤとたいへん楽しませていただきました。
来週も発足直後の話みたいですね、明るく楽しい話をお願いします、スイッチ・オンはキツかったので。

「クロガネ」
この漫画は部活剣道漫画なのか、ファンタジー和風バトル漫画なのか、軸がブレブレになってる気がする。
どこへ向かおうとしているのかどんどんわからなくなっていて読んでいて戸惑う。
部活漫画だとしたら部員に怪我人出すような合宿はやっちゃダメでしょ、それでなくてもけが人すでに3人でしかも主力なのに。
バトルとしても真さんが何言ってるのかさっぱりわかりません。

「家庭教師ヒットマンリボーン」
虹の代理戦争はリボーンの勝利で閉幕。そしてチェッカーフェイスの素顔が。
えええ!!か、川平のおじさん・・・。
随分前から思わせぶりに名前出たりチラ見せがあったりしましたがラスボスでしたか。
もちろんこの「アルコバレーノの真実」については当初から考えてあったと思われますで、この展開は最初から決まっていたんでしょうね。
これからどうなっていくのかすごく楽しみです、かなり久しぶりにリボーンにアンケ入れました。


「恋染紅葉」
女優とグラビアアイドルが何やってるんだろう。
彼女らの体は大切な商品なわけで、不衛生な川に入るとか言語道断だと思います。
それに雨で増水した川に入るなんて本当に命に関わりますよ。
この漫画って、主人公とかヒロインの好感度上げようとしてこんなありえない展開にするのが共感できない。
小鳥ちゃんが年上だったからといって、特になんとも思いません。
それより撮影ちゃんとやってるんですか?最近さっぱりそういう描写がないんですが。



今回はここまで。
次号はな、なんと「斉木楠雄のΨ難」が表紙、巻頭。
この話数でしかもギャグ漫画が表紙巻頭ゲットとか。勢い止まりませんね。
麻生先生は「勇者学」からファンなので嬉しいかぎりです。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 美柑

Author: 美柑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング
押してくださるとうれしいです
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

はなたろおのブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。