FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと もっと高く!! WJ40号 ハイキュー!!27話

掲載順、3番目。好調を維持していて嬉しいです。しかも増ページとか。
今回は試合開始までの繋ぎ回なのでしょうが、コマの隅々まで楽しかったです。
以下、ネタバレ感想です。








第27話 ネコとカラスの再会

音駒戦のスタメン発表。
気合入ってる日向、影山、西谷そしてキャプテン。いつもクールな月島、ちょっと微妙な表情の田中(スガさんのことが気になってるのかな)そして、なんだか自信なさげなエース旭。あら?先週あれだけ気合はいっていたのにどうしちゃったの?

と、思っていたら、西谷さんがその理由を明かしてくれました。
伊達工業との試合で自信を失い、部を逃げ出してしまっていた旭さん。その穴を埋めてくれていたのは縁下さんなのに、自分が戻ってきたからといってちゃっかりまたレギュラーに収まるのは・・・。とか思っていたのですね。
1年で3年の菅原さんを差し置いてレギュラーになった影山くんはともかく、旭さんは3年だし、そもそも縁下さんより実力が上なんだから気にする必要ないと思うんですが、そういうとこ気になってしまうのが旭さんなんだろうなあ。

そこをしっかり後輩の西谷さんに見ぬかれて叱られる旭さん。もはやどっちが先輩なのかわかりません。
と、この場をおさめようと縁下さんが「ずっとひたむきにやってきたわけじゃない、逃げ出したこともあった」と発言。

その夜、布団を準備しながら2年生が語ったのは、厳しい烏養監督についていけずに一度部を離れてしまったけれどやっぱりバレーがしたくて戻ってきた、ということ。
日向くん影山くんが部活初日に勝手に勝負を始め大地さんに体育館を追い出されたとき、菅原さんが「いいのかよ、貴重な部員だろ」って言っていたのを思い出しました。
中にはそのまま戻らなかった部員もいたのかもしれませんし、菅原さんの一言は結構深刻なものだったんですね。なかなかいいシーンだったのですが。

しかし・・・。
実を言うと「あ、やっぱり他にも2年いたんだ」とそっちのほうに気を取られてしまいました。
青城戦のとき、日向くんは自分の代わりとして「山口、他の2年生」を思い浮かべていたのですが、他の2年がそれ以降、全く出てこない。
あの2年生くんはどこ行ったの?????というのはずっと気になっていたのですよ。
いや、実際背が縮んだノヤさんよりも「消えた2年生」のほうがホラーなんじゃね?とか思ってました。
ちゃんといたけど写ってなかったってことだったのね。
そういえば町内会戦で烏養さん(孫のほう)が「ベンチ組からか」って言ってたのがこの2人なのか。たぶんポジションはMBですね。でないと日向くんたちが入るまでMB不在ってことになるし。
でもあのときMBは足りていたので急遽戻ってきたWSの旭さんが入ることになった、と考えれば辻褄が合う、なるほど、やっと腑に落ちました。ああすっきりした。

さて、その後。
自分がスタメンに選ばれたことを改めて真剣に考える日向くん。影山くんに
「今おれが出してもらえるのはお前のトスがあるからだ、悔しいけどおれ単体じゃきっと出してもらえない」
と言ったあと突然立ち上がり猛ダッシュ!
「フロ入って寝て明日もっと早く起きる(そしてもっと練習する)」
と言って風呂場へ向かう日向くんを猛然と影山くんが追いかける。
もっと練習して、もっとうまくなりたい。その思いは二人とも同じ。この二人の辞書に慢心なんて文字はないですね。でも廊下は走っちゃダメだよ。


次の日
ついに、やっとユニフォームが到着。
やったー!!待ってたよーーーー!!!とメンバーより派手に喜んでしまいました。回想、空想シーンではすでに何度も登場しましたが現物が出たのは初めてですもん。
回想で大地さん1、菅原さん2、旭さん3、西谷さん4、田中さん5、空想シーンで影山くん9、日向くん10、月島くん11というのは既出で知ってはいましたけど。
てことはたぶん縁下さん6、今回出た2年二人が7,8、そして山口くんが12でフルメンバーってことかな。
ちょうど12人。全員ベンチに入れますね。今回は選手交代も見れるかな、山口くんと名前のない2年生くんたちも活躍してほしいなあ。

日向くんあんなに「小さな巨人」好きなのに背番号知らなかったのか。
「粋な計らいですか」「いや、たまたま」「じゃあ運命だ」「たまたまだろ」「妬むなよ影山くん」には笑いました。この二人って下手な漫才よりよほど見てて面白いです。

さてさて烏野と音駒ですが。
ライバルと言われながらも一度も勝ったことがないそうで。
そんなに強かったんだ・・・。
今のメンバーも相当強そうだしなあ、頑張れ烏野。

その夜、10番のユニフォームを見ながら、自らの目指す高みを思い浮かべる日向くん。
もっと、もっと高く飛びたい。
憧れのあの人と同じ場所へ。
いや、もっともっと高いところへ!!
その気迫を敏感に感じ取る影山くん。
そう・・・。
そこへ辿りつくには君が必要だ。


そして、ついに5月6日。
決戦の日がやってきました。
因縁の再戦、いよいよ開始です。

負けっぱなしの烏は猫に勝つことができるのか。
すべては来週、ですね。どきどき・・・。



今週のその他感想 (猫さんと烏さん)

音駒メンバーに研磨くんを発見して呼び止める日向くん。
そこへ現れた山本さん「何の用ですか」にビビっていると今度は田中さんが「そっちこそ何の用ですか」とガンの飛ばし合い。・・・そろって先輩に窘められました。

これはあれですね。
弟(研磨くん、同年だけど体格的に)が他校のガキ(日向くん)に因縁をつけられている(実際は話してるだけ)
助けに行くとそのガキの兄貴(人相悪い)が出てきた(田中さん)←勿論自分の人相の悪さは棚に上げる。
睨み合っていたら、どっちもお母さん(菅原さんと夜久さん)に怒られた。
その後「お恥ずかしいです」「いやこちらこそ」と和むお母さん二人、立つ瀬のないお兄ちゃん二人。
・・・って感じですね。

しかし、凹んでいた山本さんの前にいきなり女神が出現。
もはや田中さんのことなんど目に入りません。
「あれが、あれが烏野のマネージャー?!」
そのあまりの美しさにハートを撃ちぬかれる山本さん、と後ろで「ハーゲンダッツゲット!!」とハイタッチする後輩二人。
しかし山本さんは「覚えてろよー」と泣きながら退場。「逃げないで!」という柴犬コンビ。
いやいや、山本さんはハーゲンダッツが惜しくて逃亡したんじゃないんだ。
山本さんは廊下で出会ったら女子が目を伏せたり顰め面したりするんだぞ。(何気に失礼発言すいません)
せめてマネでもいれば言葉も交わせるかもしれないのに、音駒にはいないんだ。
君等可愛いから分からないだろうが、ここは先輩の辛い気持ちを察してやろうぜ。あ、でも約束は約束だから、山本さんが落ち着いたらちゃんと要求しよう。

日向くんが偶然会った研磨くんがセッターだと聞いて闘志メラメラの影山くん、完全に顔がホラー。体育館でも研磨くん睨みつけてる。クロ主将に睨まれるよ。
それにしても影山くんって、綺麗な時と人相悪い時の差激しいな。

滝ノ上さんと嶋田さん再登場。滝ノ上さんもOBなのね。たぶん同級生かな。
嶋田さんは配達忘れてお客さんからクレームが来そうで心配。

爽やかな笑顔で握手を交わす両主将。
でも、一瞬で只者じゃないな、とお互い思っている様子。これはまた、心理戦とかも楽しみだ。

監督とコーチは出なかったな。
烏養さんのライバルの現コーチが見たかったのに。ああ、来週が待ち遠しい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 美柑

Author: 美柑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング
押してくださるとうれしいです
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

はなたろおのブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。